本文へスキップ
ENGLISH

久屋アヴェニュー法律事務所は、税務(含 租税訴訟)、著作権、
コンプライアンス、離婚・相続等を取扱分野とする法律事務所です。

ホーム > トピックス&事務所通信TOPICS

トピックスNEWS

2021年12月
『日本組織内弁護士協会20年のあゆみ』(中央経済社)が出版されました。同書に、「愛知における組織内弁護士の曙」と題する寄稿をしています
2021年11月
租税訴訟学会名古屋支部研修会で、「最近の納税者勝訴事例」と題して、最判令和3年3月11日(みなし配当に関する法人税法施行令を違法・無効と判断した事例)と東京地判令和2年11月26日(日本ガイシ事件)について、お話ししました
2021年6月
『租税訴訟』No.14に、「ユニバーサルミュージック事件−法人税法132条1項の不当性要件を中心に−」が掲載されました
2020年11月
租税訴訟学会名古屋支部研修会で、「租税訴訟における規範的要件の要件事実−法人税法132条1項の不当性要件を中心に−」と題してお話ししました
2020年11月
調停協会で、相隣関係の研修を行いました
2020年3月
『自由と正義』3月号「弁護士任官の窓」のコーナーに、「民事調停官4年目を迎えて」が掲載されました
2020年2月
『服部産業株式会社とその前身橘町板屋の300年の歩み 板屋与三治や服部小十郎の足跡を求めて』(東京図書出版、非売品)を出版しました
2019年11月
調停協会で債権法改正の研修を行いました。
2019年11月
『税法学』582号に、「租税訴訟における規範的要件の要件事実−法人税法132条1項の不当性要件を中心に−」が掲載されました
2019年9月
日弁連知的財産センター弁護士知財ネット監修『農林水産関係知財の法律相談T』が出版されました(Q6とQ50を担当)。
2018年10月
日本税法学会中部地区で、「IBM事件〜要件事実論を中心に〜」と題して発表しました
2018年10月
愛知県情報公開審査会の委員に就任しました
2018年3月
愛知県弁護士会研修センター運営委員会法律研究部契約審査チーム編『新民法対応契約審査手続マニュアル』(共著、同チームの一員として全面改定に関与)が発行されました。
2017年12月4日
旭市のご依頼で「債権回収研修会」(庁内研修)の講師をつとめました
2017年10月7日 〜15日
愛知県弁護士会国際委員会の南米視察旅行に参加しました。
2017年10月6日
浜松市のご依頼で、「債権管理・回収の実務研修」(庁内研修)の講師をつとめました。
2017年9月
弁護士知財ネットの農水法務支援チームの一員として、「知財ぷりずむ」(Vol.15No.180(2017年9月号)に「世界農業遺産」を投稿し(松田光代弁護士、長友慶徳弁護士との共著)、掲載されました。
弁護士知財ネットのウエブページ
2017年7月12日
和歌山県自治会館にて「債権管理研修」(庁内研修)の講師をつとめました。
2017年5月12日〜14日
MiKKによる国境を越えた家族の紛争(含ハーグ条約)に係るメディエーションのセミナーに参加しました。
2016年11月25日 〜27日
「ハーグ条約セミナー 英語による国際家事調停人研修」(日本仲裁人協会主催、大阪弁護士会後援)に参加しました。
2016年11月24日
愛知県西尾市役所にて、税外債権徴収事務研修会(庁内研修)の講師をつとめました。
2016年10月 〜
名古屋簡易裁判所にて、民事調停官(いわゆる非常勤裁判官)として、週1回、勤務を開始しました。
2016年7月
愛知県弁護士会会報「SOFIA」7月号に、「紛争解決センターだより ハーグ案件あっせん成立について」という題にて、寄稿しました。
愛知県弁護士会ライブラリー
2016年7月 6日〜8日
イギリスのロンドンで開催された国際家族法会議(テーマは、"Culture, Dispute Resolution and the Modernized Family")に参加しました。
2016年3月 11日
愛知県弁護士会紛争解決センター運営委員会がおこなった「国際的な子の奪取に関するハーグ条約研修会」において、報告者をつとめました
2015年10月
ITパスポート試験に合格しました。
2015年9月7日 〜11日
外務省の「ハーグ条約に関する日豪合同あっせん人研修」に参加しました。
2015年7月30日
日本組織内弁護士協会(JILA)東海支部の会員向け勉強会において、「国際税務の基礎」というテーマでお話し致しました。
2015年6月16日
愛知県弁護士会国際委員会の外国法連続勉強会において「国際税務入門」というテーマで、講師を担当しました。
2015年4月〜
名古屋経済大学大学院法学研究科において、租税法研究のゼミを担当することになりました。

事務所通信NEWS

第8号(平成29年10月31日号)
<南米視察旅行>
 ・ブラジルの裁判所・法律事務所
 ・アルゼンチンの裁判所・連邦首都(ブエノスアイレス)弁護士会など
        
第7号(平成28年8月16日号)
<トピックス>
 国際家族法会議in London
 イングランドの裁判所等訪問
<ワンポイント法務>
 ハーグ条約の基礎
        
第6号(平成27年12月26日号)
 <特集>忘れられる権利
        
第5号(平成27年4月10日号)
 <トピックス>インドネシア視察旅行
 <ワンポイント法務>国際私法の基礎
       事務所通信第5号
第4号(平成27年1月15日号)
<トピックス>
  国際的二重課税回避のための基礎的枠組
<判例の紹介>
 投資信託の共同相続に係る近時の
 最高裁判決
        事務所通信第4号
第3号(平成26年9月30日号)
<トピックス>
 ブラジルサンパウロ視察旅行
 ウズベキスタン共和国視察旅行
<ワンポイント法務>
 相続税法の改正
        事務所通信第3号
 <バック ナンバー>

  第2号(平成26年6月30日号)

  第1号(平成26年3月28日号)